ソリューション[社会福祉法人向け 財務会計システム]

社会福祉法人様向け財務会計システム

概要

社会福祉法人向け「新会計基準」及び「指導指針」準拠品

  • 予算額・推定予算額等が伝票入力画面で確認できるため、予算の執行状況をリアルタイムで把握することが可能です。
  • 減価償却システムと連動しており、資産明細を入力するだけでその後の減価償却計算に関わる処理を全て自動処理します。
  • 多様化した会計処理のニーズに対応し、満足度の高いシステム構築を実現します。

特長

専任のSEチームがお客様のご要望を確実に具体化した会計ソフトを作成します

ご要望に合わせたシステム構築が可能

各法人様のご要望を取り入れたシステム構築が可能で、専任のSEチームが現状分析から導入コンサルテーションを実施し、導入効果の高いシステム構築を実現します。

シンプルフローな画面構成

パソコンやシステム操作に不慣れな方の負担を軽減するシステム構築と導入操作指導をきめ細かく実施。
従来の処理形態を極力取り入れた形で、業務省力化と予算の執行状況の把握・管理を実現します。

新会計基準対応

平成24年度の予算策定から施行予定の「社会福祉法人の新会計基準」に対応した「社会福祉法人向け会計システム」を提供します。

導入効果

予算額を意識した法人運営への移行により施設ごとの意識改革を推進します

  • 予算の執行や伺いを行う際、画面を見ながら業務処理を行いますので、申請者の収益に対する意識と必要性を再検討する機会も生まれ、経費抑制を促す運営へ移行します。
  • 伺いや承認に対する権限を設定することで、予算執行の透明性と一元管理を行うことが可能です。
  • 伺いや執行に伴う法人様ごとのルールを設定することが可能で、標準機能にない機能をカスタマイズしてご提供することが可能です。

構成

スタンドアロン・ネットワーク環境の選択が可能。ネットワーク構築も自社で対応

■ 対応OS:Windows XP(SP2)、Windows Vista、Windows 7 ■ メモリ:512MB以上 ■ HDD:空き10GB以上 ■ データベース:Oracle ■ バックアップ装置必須(外付HDD・NAS等) 【サーバ】■ 対応OS:Windows2008 ■ メモリ:1GB以上 ■ HDD:空き10GB以上 バックアップ装置必須(DAT等) ■ 無停電電源装置必須 ■ データベース:Oracle 【クライアント】■ スタンドアロン版に準ずる

システム構成図

システム構成図

出力帳票

日次月次
  • 仕訳日記帳
  • 仕訳伝票
  • 振替伝票
  • 月次帳票
  • 試算表
  • 貸借対照試算表
  • 元帳
  • 資金収支帳票
  • 銀行振込依頼書
  • 勘定票
決算
  • 指定帳票
  • 事業活動収支内訳表
  • 資金収支計算書
  • 資金収支決算内訳表
  • 製造原価報告書
  • 貸借対照表
  • 貸借対照表内訳書
  • 財産目録

予算管理
  • 予算執行・伺書
  • 旧予算書
  • 資金収支予算書
  • 資金収支予算内訳表
  • 予算流用書
  • 予算差引簿
  • 予算差引集計表
消費税
  • 消費税計算書
  • 課税仕入計算書
  • 雑収入明細書
  • 特定収入明細書
  • 雑収入適用仕訳日記帳

その他
  • 摘要別表
  • 摘要別明細票
  • 摘要別集計表

関連ソリューション

お問い合わせ

デモ、資料送付、お見積りのお申込みはこちらまで

お問い合わせフォームへ
03-3690-6911

受付時間 月〜金 9:00〜17:30
(祝日除く)