ソリューション[公益版 見える会計]

公益法人様向け財務会計システム 見える会計

概要

平成20年度会計基準(新新公益法人会計基準)に準拠
公益認定後の一般公益/公益ともに柔軟に対応可能な財務会計システム

  • 様々な分野で活動を展開している公益法人の多様化したニーズにフィットしたシステムを構築します。
  • 認定時やその後の運用にかかわる、公益財務計算の作成(収支相償の計算・公益目的事業費率算定・遊休財産額保有制限の判定)等、充実した機能をご提供します。
  • コンサルテーションから稼動後のサポートまで、法人のお困りごとを専任体制でバックアップします。

特長

各法人体系に適応した機能と、導入効果のご提供

パッケージ導入から、カスタマイズ対応まで法人の規模や要望に応えたシステム導入
  • 公益法人版見える会計は、パッケージ版の導入から、パッケージ版を基礎としたカスタマイズ対応、フルメイド等、各法人の細やかな要望までシステム化しご提供します。
報告資料の出力や購買情報管理との連携等 充実の機能を装備
  • 国/地方自治体への報告資料も標準装備でご提供します。
  • 契約台帳等の購買(調達)に関する管理簿の出力が可能です。データの二重入力防止や業務効率化が図れます。
  • 日次データをもとに常に最新情報を帳票等に出力し、タイムリーな情報を活用、確認することが可能です。
  • 予算、資産、調達情報等の財務データを一元管理し、伝票等の自動作成を行うことが可能です。
認定移行後の(公益法人、一般公益法人)双方に適応可能
  • 認定後の公益社団/公益財団法人において、新新公益法人会計基準に対応した会計機能と、予算管理を中核に仕訳データや資産データを一元管理/自動化した会計管理システムにて作業効率の向上を推進します。
  • 一般公益社団/一般公益財団法人において、収支計画等の作成、履行、情報開示に必要な各種帳票の作成等の必要機能と、各法人業務に適応したシステムにて作業効率の向上を推進します。
専任SEのサポートによる安心で確実な導入
  • 公会計を十分に理解し、分かりやすく、御客様の立場を理解し業務分析からシステム導入、運用支援、保守と一連の流れのすべてをサポートすることが可能ですのでご安心いただけます。

導入効果

パッケージを利用しつつ業務に即したシステム運用が可能です

  • パッケージ標準構成以外で各法人様独自のご要望や機能をカスタマイズにより追加することが可能です。
  • 従来の会計処理に加え新たな会計処理増加にも現在の人員で対応が可能で、従来よりも事務作業は軽減されます。
  • 導入コンサルテーションからシステム開発・オペレーション指導・システム稼動後のサポートまで、いずれもコストパフォーマンスに優れています。

注:カスタマイズは別途有料になります

構成

スタンドアロンからネットワーク環境の選択が可能

  • お客様の運用に合わせて様々な構成で財務会計システムをご提供します。
  • 財務会計システムの提供だけでなく、サーバ等のハードウェアからネットワーク構築まで全ての稼働環境を弊社で一元的に提供できます。

システム構成図

システム構成

公益法人向け 財務会計システム「見える会計」システム構成01

出力帳票

会計管理
  • 各種決議書
  • 各種伝票
  • 消費税集計表
  • 総勘定元帳
  • 合計残高試算表
  • 貸借対照表
  • 貸借対照表総括表
  • 貸借対照表内訳表
  • 正味財産増減計算書
  • 正味財産増減計算書総括表
  • 正味財産増減計算書内訳表
  • 収支計算書
  • 収支計算書総括表
  • 収支計算書内訳表
  • キャッシュフロー計算書(直接法)
  • 財産目録 他
予算管理
  • 予算差引簿
  • 収支予算書
  • 収支予算書総括表
  • 収支補正予算書
  • 収支補正予算書総括表 他
資産管理
  • 固定資産一覧表
  • 固定資産台帳
  • 減価償却明細表
  • 減価償却総括表
  • 物品表示票 他
調達管理
  • 購入依頼書
  • 支出契約台帳
  • 支出契約決議書
  • 納品検収一覧表 他

関連ソリューション

お問い合わせ

デモ、資料送付、お見積りのお申込みはこちらまで

お問い合わせフォームへ
03-3690-6911

受付時間 月〜金 9:00〜17:30
(祝日除く)