神田通信機

ワークスタイル変革をお手軽に!

Office365で、ビジネスが一変します

問い合わせる

Office365を動画で見る

Office365ライセンスの特長

月額ライセンス

Office365は月額でのライセンス提供となります。これまでOfficeのバージョンアップのたびに発生していたパッケージの購入費用が月ごとに平準化でき、ビジネスリスクが低減できます。月単位でのライセンス増減も可能です。もちろんOffice365でサポートされるUC機能も含まれます。

いつも最新

これまでのボリュームライセンス版ではバージョンアップに伴う提供/サポートの終了への対応が必要でした。Office365は常に最新バージョンが使用可能なため、アップグレード費用やバージョンの統一、サポート期限などへの心配が無くなります。

最大15デバイス

「スピード」が求められる現代、移動中など無駄な時間の排除による効率アップが求められます。モバイルPCやスマートフォンを活用し、いつでもどこでもオフィスと同じ環境を実現したいお客様にとってOffice365は必須ツールです。最大15台までのPC、タブレット、スマートフォンで利用でき、従来とは比較にならないほどのコスト削減効果があります。

価格を見る

UC(ユニファイド・コミュニケーション)機能

  • プレゼンス
  • インスタントメッセージ
  • ビデオ会議
  • スケジューラ
  • ストレージ

アプリで相手の状況がわかる

コミュニケーションを取りたい相手が対応可能かどうか簡単に確認でき、タイミングを見てアクセスできます。

活用例を見る

気軽にチャット

テキストベースのメッセージを入力して相手と会話します。必要に応じてメールを併用するなど、最適な手段を選択いただけます。

活用例を見る

音声でも映像でも

拠点間など、距離を隔てた複数のメンバーと最適な手段でコミュニケーションを提供します。出張の厳選により、コストも削減できます。

活用例を見る

予定表とメールを連携

Office365ではメールと予定表とを一体で管理・運用します。たとえば予定表に入力した会議情報を自動的にメールで配信するなど、効率的な運用が可能となります。

活用例を見る

メンバー間で編集可能

クラウド上に個人ごとに割り当てたストレージに資料を格納することで、いつでもどこでも編集が可能となり、資料作成の効率が向上します。

活用例を見る

資料の共有

メンバー間で手軽に、かつセキュアに資料の共有が可能です。メンバー同士で協力し合っての資料作成など、業務効率が向上します。

活用例を見る

活用シーン1

相手の状況を確認してコミュニケーション

ちょっとしたトラブルや緊急で確認したいことがあっても、メールの返事がなかったり、誰なら連絡がつくのかわからなかったり…
Office365なら、プレゼンス機能で相手の状況を確認してからインスタントメッセージ等で素早くやり取りができます。緊急の連絡やちょっとしたやり取りにとても便利です。

活用シーン2

交通費ゼロ 移動時間ゼロでリッチな会議

全国の支店からメンバーを集めて開催される会議は、日程の調整に手間がかかる上に、出張費や移動時間も馬鹿になりません。
Office365なら、Web会議の活用で、時間も出張コストも大幅に削減!会議システムや専用回線などの設備投資は不要で、インターネットにつながっていればどこからでも会議に参加できます。ファイル共有やデスクトップ共有、レコーディング機能で、リッチな会議が可能です。

活用シーン3

予定表とメールを連携して業務効率アップ

従来のスケジューラーでは、会議日程の調整や備品の予約に手間がかかっているかもしれません。
Office365なら、会議参加予定メンバーの空き時間を見て会議日程を素早く調整!参加者に出席依頼のメールを自動送信、外出先でもスケジュールの更新や会議出席依頼への返信が可能。会議の計画時に人と共に会議室や備品も同時に予約できます。

活用シーン4

個人用のストレージを使って、いつでもどこでも資料編集

外出先や別の事業所など、社外で仕事をする場合、セキュリティの不安やUSBメモリの紛失など、様々なリスクを負わなければなりません。
Office365なら、OneDrive for Business の個人向けクラウドストレージ を1TB も利用可能!いつでもどこでも(会社、自宅、別のパソコン、タブレット・スマホからでも)利用できます。企業での一元管理が可能で、セキュリティ面も安心!USBメモリなどのモバイルストレージも不要です。

動画でチェック!

【活用シナリオ1】 クラウド活用でわかる仕事の仕方について(中小企業向け)

活用シーン5

複数メンバーで文書共有、共同作業を効率アップ

ファイルサーバやメールによるファイル共有は、サーバの管理に手間がかかるだけでなく、最新版の見分けがつかなかったり、ファイルサイズが大きすぎてメールで送れなかったり…
Office365なら、クラウドにファイルを保存するだけで情報共有が可能!メールのやり取りやバックアップは不要!チーム内で同時編集作業ができ、バージョン履歴管理やファイルの復元、アクセス権の設定もできます。安全と便利さを同時に実現!

動画でチェック!

【活用シナリオ2】 共同作業した企画書について

導入ステップ

神田通信機ではお客様と一緒に、これからのワークスタイルを検討、最適なソリューションをご提案いたします。

PBXとの連携について

従来のPBXとの併用がお勧め

Office365の機能のうち、内線電話機能は、これまでのPBXによる内線電話と比べて同等のものもあれば、そこまで至っていないものもあります。また、Office365の内線電話機能を使用するためには、ライセンスの追加や、オンプレミス機器の導入が必要な場合があり、コスト面からの検討も必要となります。

PBX特有の機能をご利用になりたいのなら

PHS、放送システム、施錠システムなどの連携はPBX独自の機能であり、Office365の内線電話機能では対応できません。従来の電話工事には独自の技術が必要とされ、想定しないトラブルに発展する可能性があります。神田通信機にお任せいただけば、長年の電話システム構築に裏付けられた技術力で、信頼性の高い環境を提供します。

動画で見るOffice365

当ページ掲載の動画は日本マイクロソフト株式会社によって制作されたものであり、これらの著作権は日本マイクロソフト株式会社に帰属します。

【Office 365 とは】
  

3分でわかる魅力
  

動画でチェック!

【Office 365 とは】
  

Officeと何が違うの?編
  

動画でチェック!

【活用シナリオ 1】
中小企業向け

クラウド活用でかわる仕事の仕方について

動画でチェック!

【活用シナリオ 2】
中小企業向け

共同作業した企画書について

動画でチェック!

【モダンワークスタイル1】
  

家族のキズナ
-忙しいパパへ-

動画でチェック!

【モダンワークスタイル2】
  

家族のキズナ
-忙しいママへ-

動画でチェック!

価格

  • 300ユーザー以下
  • 301ユーザー以上

300ユーザー以下

ユーザー無制限

問い合わせる